必見!洗面台のつまりでお困りのあなたに

home > 洗面台のつまりについて > 洗面台のつまり解消で自分でできるものと業者に依頼するもの

洗面台のつまり解消で自分でできるものと業者に依頼するもの

 洗面台は、おもに洗顔をする場所です。
その他女性ならメイクをすることもあるでしょうし、ヘアスタイルを整えたりします。
男性ならひげそりなどをするかもしれません。
単に顔を洗うだけであれば、流れるのは水と石鹸、皮脂の汚れです。
それらの全てが流れるわけではないものの、基本的にはつまらずに流れてくれるでしょう。
しかし長く使っていると洗面台における水の流れが悪くなるときがあります。
この時にどんな対処が必要かです。
まず洗面台においてはヘアキャッチャーがあります。
その名の通り髪の毛が流れて行かないようにする仕組みです。
髪の毛は日常生活でもそれなりに抜けますが、ブラシなどでとかせば余計に抜けやすいです。
知らない間に洗面台からどんどん流れてしまうときがあります。
一本ぐらいならそのまま下水まで流れます。


 少しまとまった髪の毛はヘアキャッチャーで止まります。
ヘアキャッチャーにたまっている髪の毛やその他の汚れを取り除けばかなり水の流れは良くなるはずです。
女性であれば毎日行った方がいいかもしれません。
一日でかなりの髪の毛がたまっています。
男性でも数日に一回ぐらいはチェックして取るようにしましょう。
ヘアキャッチャー部分は目に見えますし指でもつまめます。
ですから簡単につまりの解消ができます。
その先となると少し難しくなります。
ヘアキャッチャーをきれいにしても流れが良くならないのであれば、S字トラップの問題を疑います。
洗面台で使った水は、配管を伝って下水に流れていきます。
この配管はまっすぐ伸びているのではなく、洗面台のすぐ下の所でS字状に曲がっています。
これによって水がたまるようになり、下水の臭いが上ってこないようになっています。


 ただ、S字トラップはその分つまりやすくなっています。
S字部分は簡単に取り外せるので、工具などを使って外してつまりの様子を確認しましょう。
一般の人でも行える洗面台のつまり解消方法としてはS字トラップまでになります。
それより先につまりの原因があるときは、業者に依頼をして解消してもらうしかありません。
業者であればいろいろな道具を持っているので、それを使って解消してもらえます。
パイプを掃除する長いブラシを使うときもありますし、髪の毛を溶かす溶剤を使うときもあります。
髪の毛はたんぱく質なので、たんぱく質を溶かす性質のある専門的な溶剤を流せばつまりが解消できます。
つまりをそのままにしていると水があふれるなどの問題が起きます。
賃貸などなら大家に確認をしないといけないときもあります。

次の記事へ

カテゴリー