必見!洗面台のつまりでお困りのあなたに

home > 洗面台のつまりについて > 洗面台の詰まりは自分で直せる場合がかなり多いです

洗面台の詰まりは自分で直せる場合がかなり多いです

 洗面台があると便利であり、これがあることによって髪の毛のセットや化粧が朝の慌てている時でも楽に出来ます。
値段も一般的な物ならそれほど高い物ではなく、大きさもいろんなサイズの物が用意されていますから、比較的簡単に買うことが出来ます。
ただこれには唯一デメリットがあり、それは排水パイプがたまに詰まって水の流れが悪くなることです。
これはどうしても髪の毛が流れしまうことがあり、それがつまりの原因になることが多いのではないかと思われます。
髪の毛は長い物ばかりでなく短い物もあるわけで、それはどうしても流れていくことになります。
また歯磨きもこれでやる場合が多く、口の中の物が吐き出されて流れるわけでパイプにこびりつくことになり、それらが原因になりパイプ詰まりの現象が生じることになるわけです。


 ではパイプ詰まりが生じた場合はどうすればいいかと言うことになりますが、業者に頼めば当然直ることになります。
業者はいろんな状態を経験しているわけで、大概の場合に対応してくれますから、ほとんどの場合はこれで直ります。
しかし洗面台の普通の詰まりは洗面台の中のナイロンパイプの部分が詰まっている場合が多いわけであり、この部分なら素人でもがんばれば直せる可能性がかなりあるわけです。
金属製のパイプだと専用の工具がないと直すのが難しいと言う場合がありますが、ナイロンパイプの場合は工具が必要ないので、水が流れる仕組みをよく見ると直せる可能性があることがわかります。
ナイロンパイプは洗面台の中でトラップを作っています。
これをトラップにすることによって排水溝からの臭いが上がってくるのを防いでいるわけです。
そして詰まりが生じるのもこのトラップの部分であるわけです。


 このナイロンパイプは元から外すことが出来ますから、元のネジを緩めてまずはこのトラップを外すことを考えます。
よくその仕組みを見ているとこれは簡単に外せることが分かってきます。
それがわかれば、トラップ内の水が床に流れ出さないようにバケツにナイロンパイプの先端を入れて水がこぼれないように外します。
それからそのナイロンパイプの中の詰まりを掃除するわけですが、ホースでナイロンパイプの中へ水を強く流せば大概詰まり物をパイプから出すことができます。
それからホームセンターでパイプ詰まりを綺麗にする柄付きのタワシを買って来てそれで中を綺麗にすればいいわけです。
綺麗にしてからそれを元通りに装着すれば、詰まりは解消することになります。
洗面台の排水の仕組みを理解できれば、わざわざ業者に依頼しないでも自分でやれると言うことがわかりますから、まずは仕組みを理解することが大事です。

次の記事へ

カテゴリー